IMURUTA

生きてる間は暇つぶし

いむるたと申します。アイコンは、いむるたって書いてます。

【SNS】Twitter、LINE、Facebookに対する感覚の違い

どうも、いむるたです。

 

 

SNSに関するお話しです。

 

f:id:IMURUTA:20170729230052j:plain

 

 

 

昨今、世代に限らず、何らかのSNSのアカウントを持っているという方は多いのではないでしょうか。

 

僕は、TwitterLINE、Facebookをやってます。

ブログもSNSかな?まあ、それはいいや。

 

※ちなみに、Twitterのリンクはブログにも貼っております。

ブログ更新したらつぶやきます。「もう少し見てやってもいいだろう。」という方は、フォロー下さい。

 

 

 

Twitter、LINE、Facebook

この3つのSNSに抱いている感覚を書きます。

 

 

コミュニケーションするときの感覚

LINE

→イメージは「個室、部屋の中」

 

トークルーム”というくらいだから、個室感覚で話す場ですよね、きっと。

SNSの中でも、トップクラスで「公衆」の意識が頭にないのがLINEで、流出したら一番イタイのも間違いなくLINEですよね(笑)

 

本性の出具合でいうと、LINE>TwitterFacebookだと思います。

 

使い方としては、メールの上位互換。レスポンスが超早いメール。

既読システムによって、会話が「速さ重視」にシフトした点では多少の寂しさも。

 

読んだか読んでないかわからないまま返事を待つドキドキ感(メール時代)を生贄にして、

「なんで読まないの!」「読んだなら返してよ!」(LINE)みたいなギスギス感を生み出してしまった。

 

Twitter

→イメージは「廊下、電車の中、井戸端会議」

 

カギをかけていたとしても、多数の人の目に触れますね。なので、個室というわけにはいかず、電車の中にいるぐらいの感覚。

自分が喋れば、同じ車両にいる人には内容が聞こえる。

 

「さっき電車で隣にいたカップルの会話聞いた?」

「電車にいたあのおじさんが言ってたんだけどさ…」

とか他人を話題にすることもできる。(拡散)

 

「自分のつぶやきがどこでどうなって広がるかわからない」という点と、

「指先一つで短文を投稿できる手軽さ」の2つが相まって、いい感じに炎上を生み出すファイヤーバードがTwitter

 

「俺、さっきツイートしたんだけどさ~」なんて言われても、多数に埋もれてしまって、スクロールで流されている場合も多い。

みんな見ているし、誰も見てない。

 

つぶやきはつぶやきだけど、構造的には拡声器つきで叫んでいるのと変わらないと思う。

 

僕は、テレビを見ながら、Twitter検索で番組の感想をサーチして見るのが好き。 

 

 Facebook

→イメージは「壇上でのスピーチ、発表会」

 

Facebookは、LINEやTwitterよりも手軽さがない。

「お腹すいた。」なんて一言投稿しようもんなら、「Facebookになに書いてんの(笑)」と思われる。

 

近況報告や何かあったときにしか書いちゃいけない。(ような感じがする。)

そんな雰囲気があるので、まるで壇上に立っているよう。

 

 投稿するからには、スポットライトが当たっているので、それなりの準備をした記事や写真などが要る。(ような感じがする。)

 

個人的には、Facebookは一番すべりやすい場所だと思うので怖い(笑)。

あそこで大ボケはかませないので、まじめに旅行記などを書いてます。 

 

 

 

最近流行りのインスタグラムは、今のところやってません。

 

ス、スムージー飲む人しかアカウントとれないんでしょ…?

 

 

***************************************

さあさあ、

人気ブログランキング

参加中でっせ

SNS

↓ ↓ ↓

 


備忘録・雑記ランキング