IMURUTA
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きてる間は暇つぶし

いむるたと申します。アイコンは、いむるたって書いてます。

会社と髪って似てるかも

どうも、いむるたです。

 

僕は今、髪の毛が抜けやすい状況で、しかもダメージヘアなので、新しい髪型を模索中です。

 

「何言ってんだコイツ、日々に忙殺されて頭おかしくなったか?」って感じですよね。

 

冒頭の意味不明発言。記事の最後にもう一回言います。

おそらく読む前よりは伝わると思います。

 

 

ふと思ったんです。

「会社と髪って似てるかも」って。

どこが似てると思ったかをここから書いてみます。

 

髪型、ずっと変えたくない人もいれば、すぐにガラッと変えちゃう人もいる。

髪型をずっと変えていない人ほど、次にする髪型は慎重に決めたいし、勇気もいると思うんです。

転職もそういう面があるんじゃないかと。

髪型を変えることは、転職することと似ているかもしれないなと。

同じ会社で定年までいる人生もあれば、転職しまくる人生もある。

慣れを好むか、変わることを好むか。

 

「切らない方が似合ってた。」と後悔するのを恐れてそのままの髪型でいる。

たしかに切ってしまったら元には戻せないけど、変えることによってまた新しい自分が見つかるかもしれない。

今の髪型が最適だなんて自分じゃあまりわかんないし、そもそも似合う似合わないは人の好みだし。「髪切る前のあんたのこともう思い出せないわ!」ってぐらい似合うこともあるし。

髪型変えるも変えないも自己責任。変えたところで自分以外はたいして気にもしない。

こんなところが会社選びと重なるような気がしました。

 

髪の毛1本を社員とすると、毛量は社員数。本人が経営者。(遺伝のこととか細かいとこは、ほっとけほっとけ。)

目まぐるしく変化しながら毎日頭皮に存在している。

たまに抜け落ちたり、生え変わったりする。

ものすごい毛量の人もいれば、逆もいる。

「少なくなってきたな。」と焦って対策しはじめる。

改善することもあれば、猛スピードでさらに減ることも。

抜けやすくなる理由を本人が作り出していることもある。

無意識のうちの髪の毛にダメージを与えまくってるとか。

パーマなり染髪で故意にダメージを与えていたり。

少数精鋭でもイケてる人もいる。髪の毛だけ多くて全く魅力がないなんてこともある。

 

ここまでバーっと思いのままに書きましたが、結局何が言いたいかっていうと、

 

僕は今、髪の毛が抜けやすい状況で、しかもダメージヘアなので、新しい髪型を模索中です。

 

いい髪型が見つかるよう努力していきます。

 

***************************************ブログランキング参加中です。ポチッと押していただけると嬉しいです。

↓ ↓ ↓

 


備忘録・雑記ランキング